研究室紹介

教員挨拶

本研究室の指導教員を紹介します.

三木光範 教授

 われわれの研究室のスローガンにスィングバイという言葉がある.スィングバイ(Swing-By)とは宇宙工学における重要な技術である. 地球から遠く離れた宇宙へと旅立つために,宇宙船が惑星のごく近くを飛行することにより,その惑星から公転速度のエネルギーをもらい,飛行速度を大きく増加させる.
われわれの研究室はその惑星であり,そこに所属する学生が宇宙船である.研究室の学生は1年間,あるいは3年間われわれと一緒に過ごし,学び,議論し,そして新しい発見をすることで,初めの何倍もの,いや何十倍何百倍もの大きな速度を得て,社会に旅立って行く,この過程はまさに宇宙船のスィングバイと同じといえる.
 宇宙船は惑星の引力圏で大きく飛行方向を変え,そのときに惑星の公転速度で加速される.スィングバイで最も大切なことは,惑星の公転速度と宇宙船の飛行経路である.惑星の公転速度が遅ければエネルギーを失う.一方,公転速度が大きくても宇宙船が適切な角度で進入し,近くを飛行しなければ惑星からエネルギーを得ることができない.
 研究室を惑星とするなら,惑星の公転速度はその研究室の質の高さ,学会論文数,国際的な認知度,研究発表数,他大学との共同研究実績,博士,修士などの教育実績,良質な講義実績などに加えて,その研究室全体の明るく,前向きな姿勢といえる.一方,宇宙船の飛行経路も重要であり,適切な角度で進入し,可能な限り惑星の近くを飛行する必要がある.
 良い研究室に所属しても研究室との距離を置くなら惑星の公転速度を得ることができない. 学生が宇宙船として大きな速度を得て,高いポテンシャルを持つためにスィングバイは不可欠である.スィングバイをするために,研究関連情報を丹念に調べ,教員に直接会って納得するまで話を聞き,実際に実験室や学生の部屋を訪問して研究室の雰囲気を確かめて,良い研究室を選ぶべきである.


間博人 助教

 研究室に所属することでどのようなことが学べるのか,またどのようなことを学ぶべきだろうか?
 まず研究を通し,今ある問題を発見しその解決策を提示することで,新しい価値を創造することができる.また,自分の頭で考え,本質を理解する力を身につけることができる.情報化社会の今日,あらゆる概念,用語は検索をすればすぐさま答えを得ることができる.検索した結果を見ただけで全てを理解したと考える学生が多いが,このような表面的な理解では,決して次のステップである新しいものの創造はできない.表面的な理解にとどまらず,自分の頭で考えること,自ら手を動かすことで実践し体得することを重視し,ものごとの本質の見極める力を養うことが重要である.
 この他に,論理的思考,自分の成果を体系的にまとめる方法,人前での発表の方法など多くの事柄が学べる.教員だけでなく先輩から学ぶことも多いだろう.特にISDLでは,問題に直面している後輩がいたら何とかしようという先輩らの心意気を感じる.これは,自分が過去に先輩に教えられた,そして助けられた経験が脈々と受け継がれているのだろう.また,先輩になり,後輩を指導するという経験は社会に出てからも必ずや活きてくる.ISDLに所属して皆で切磋琢磨することは,必ず将来の糧になると思う.


Introduction

  • 教員挨拶
  • 恒例行事